読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯回線契約の見直し 2016年6月

MVNO SIM

回線を6〜7個とか使ってMNPを利用して安くスマホ端末をゲットー(俗にいうMNP乞食というやつ)とかやっていたんだけど、最近の端末も落ち着いてきたし、何より管理が面倒だし情勢も変わってきたので、撤退の方向で見直しつつある。
そしてついに、メイン回線をMVNOにすることを決めた。今更だけど。
今、普段持ち歩いている端末は2つ。今はXperia Z5 Premium*1、それとずっと使っているお気に入りのGalaxy Note3)。回線は、ドコモ*2と、Y!mobile*3だ。
Y!mobileの方が2年経って契約満了するので、これは解約することに。
メイン回線の方もMVNOにして、今後はそれで落ち着くつもり。電話番号も2つあったけど、1つに集約する。
どのMVNOにしようか迷ったけど、安い上にMVNEがIIJなイオンモバイルにした。(MNP転入で)
余談だけど、イオンモバイルは店頭で申し込めると謳っているけど、店頭でSIMを発行できるイオンが都内でも限られているしそして近くにないので、ネットで申し込めた方が簡単である。
サブ回線は、今使っているDTI SIMの6ヶ月間の無料キャンペーンが終了したら、イオンモバイルのSIMを追加してシェアプランで使うつもり。SIMはとりあえず2枚で十分。

まとめると before / after / future こんな感じ。
だいぶ安くなってすっきりするね。

before

回線契約会社 ドコモ Y!mobile DTI
通信データ容量 2G 5G 3G
月額 7100円 2600円 0円

after(7月まで)

回線契約会社 イオン(音声6GBプラン) DTI
通信データ容量 6GB 3G
月額 1980円 0円

future(8月から)

回線契約会社 イオン(シェア音声8GBプラン) イオン(追加データ専用SIM)
通信データ容量 8GB
月額 2980円

ずっと思っていたけど、本当にドコモやauなどキャリアの契約条件や料金体系が複雑すぎる。こんなの絶対普通の人は理解しきれない。さっさとみんな、契約体系もシンプルで縛り期間(最低利用期間)もないMVNOに乗り換えた方がよい。
「ほけんの窓口」みたいな複数会社の保険を提案してくれる来店型保険ショップというのが流行っているけど、それと同じような形でMVNO限定で複数会社を扱うショップがあればいいのにと思ったけど、そもそも低価格なので代理店へのキックバックが出せないので成り立たないね。残念。

*1:半年ごとに最新端末をゲットしていたのでコロコロ変わる

*2:これもその時の契約によってドコモ←→auを行ったり来たりする

*3:2年前のイーモバイル時代のキャンペーン価格なので月5GBで3000円以下

Google Play Music のサブスクリプションを解約した

Music

ああ、ブログ書くの何万年ぶりだろう・・。

固定費の見直しということで、月額780円払っていたGoogle Play Musicを解約した。
聴き放題サービスを初めて使ってみたものの、結果的にそんなに使わず、必要ないという判断になった。
聴き放題といっても、よく聴くのはある程度決まった好きな曲ばかり。それは既に持っている曲。
持っていない曲を聴くのも良いが、たまにしか使わなかった。そしてその代替手段もある。(YouTubeとか)
最新の曲を積極的に探して聴くとかそういう使い方ならマッチすると思うんだけど、そういうのもないし、不要と判断した。

Ingressと16のこと

Ingress

現在Level10、1000万APも超えたところで、割とガチな方の部類に入るかもしれません。
最初始めた頃は、どうせまた飽きるだろう、と思っていましたが、どうしてここまでハマったのか。今までの位置ゲーなどにはない魅力があるのでしょう。
それはなにか。Twitterを初期の頃に始めた時、あの新しいモノに触れた感覚に似ているかもしれません。

Ingressの他にはない魅力や特徴を、自分の体験を踏まえていくつか書いてみようと思います。

※この記事はIngress Advent Calendar 2014の7日目の記事です。

続きを読む